迷走するグローバルマネーとSWF: 国際金融危機の深層

Front Cover
東洋経済新報社, Dec 18, 2008 - 309 pages
「黒船の脅威」か「白馬の騎士」か。産油国・新興国を中心として過剰貯蓄の運用の担い手として登場したSWF(政府系ファンド)。その成り立ちから現状、国際金融危機を経た今後の展開までを徹底分析。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information