科学者は神を信じられるか: クォーク、カオスとキリスト教のはざまで

Front Cover
講談社, Jan 20, 2001 - 167 pages
日本人がひたすら合理精神の塊だと思っている科学は、「超越神」と「イエスの復活」を信じるキリスト教の土壌から生まれた。素粒子の究極構造から宇宙の起源までを究めようとしている現代物理学の先端に立って著者は、この世界を理解する上で科学と信仰がどう関係し合っているというのだろうか。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information