劇作家ハロルド・ピンター

Front Cover
研究社, 2010 - 520 pages
戦後イギリスの代表的な劇作家で、2005年のノーベル文学賞を受賞したハロルド・ピンター(1930‐2008)。ピンターの同時代人として日本に作品を紹介してきた著者が、戯曲作品の一つ一つを、そして、その戯曲の台詞の一語一語を丁寧かつ徹底的に吟味しながら、現代演劇に革命をもたらしたピンター世界の魅力を存分に解き明かす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information