不道徳な見えざる手

Front Cover
『アニマルスピリット』でおなじみのアカロフ=シラーが、市場経済の裏側を読み解く。資本主義は矛盾に満ちているけれどすばらしい。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2017)

【著者】
ジョージ・A・アカロフ(George A. Akerlof)
ジョージタウン大学教授教授。2001年ノーベル経済学賞受賞。著書に『アニマルスピリット』(シラーとの共著)、『アイデンティティ経済学』(レイチェル・クラントンとの共著)など。

ロバート・J・シラー(Robert J. Shiller)
イェール大学スターリング経済学教授。2013年ノーベル経済学賞受賞。著書に『アニマルスピリット』(アカロフとの共著)、『それでも金融はすばらしい』『投機バブル 根拠なき熱狂』『新しい金融秩序』『バブルの正しい防ぎかた』など。

【訳者】
山形浩生(やまがた ひろお)
1964年東京生まれ。東京大学工学系研究科都市工学科修士課程修了。マサチューセッツ工科大学不動産センター修士課程修了。大手調査会社に勤務するかたわら、科学、文化、経済からコンピュータまで、広範な分野での翻訳と執筆活動を行う。
アカロフとシラーの前著『アニマルスピリット』や、『アイデンティティ経済学』、『それでも金融はすばらしい』を翻訳。クルーグマンほか『国際経済学』、ピケティ『21世紀の資本』、アトキンソン『21世紀の不平等』(いずれも共訳)、ワグナー&ワイツマン『気候変動クライシス』などの翻訳を手がける。

Bibliographic information