その後の震災後文学論

Front Cover
すぎゆく日常のなかで、わたしたちは、震災の何を記憶し、そして何を忘れてしまったのか―。あの日に更新することを余儀なくされた「読み」と「批評」と真摯に向き合い、これからの文学の地平を見通す。不安、崇高、憑在論で読み解く、未来への文学論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information