谷崎潤一郎全集, Volume 14

Front Cover
中央公論新社, 2016 - 556 pages
愛する女を複製した等身大人形や映像にのめりこんでいく男たちの痴態を描いた異色短篇「青塚氏の話」、離婚にふみきれない中年夫婦の一見おだやかな日常を古典への愛をとりまぜて描いた傑作「蓼喰ふ虫」のほか、食に関する随筆、翻訳など中期の幅広い作品を収載。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information