ヘンリー・ライクロフトの私記

Front Cover
光文社, 2013 - 331 pages
どん底の境遇のなかで謹厳実直に物を書き続けて三十余年。不意に多少の財産を手にしたライクロフトは、都会を離れて閑居する。四季折々の自然の美しさに息を呑み、好きな古典文学を読み耽りながら、自らの来し方を振り返る日々―味わい深い随想の世界を心に染みる新訳で。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information