荒れる学校: 教育現場からの証言, Volume 6

Front Cover
批評社, 1998 - School violence - 203 pages
学校の“荒れ”の実態に迫る。中学生によるナイフ殺傷事件が相次ぐなかで、学校の「荒れ」は小学校にまでおよんでいる。いじめや校内暴力は市民の理解とは裏腹に増加の一途をたどり、学校は「崩壊」しているといっても過言ではない。子ども達の“暴力”というメッセージをめぐっての、現場教師の徹底討論8時間の記録。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information