ペトラルカルネサンス書簡集

Front Cover
岩波書店, Dec 15, 2006 - 306 pages
イタリア文学の三巨星の一人で、ルネサンス運動の首唱者であったペトラルカ(1304‐1374)は、偉大な詩人であるとともに、つねに自己自身を問いつつ哲学するモラリストであった。ここに収められた23篇の手紙は、ペトラルカが親しく同時代人や古代人、後世の人に呼びかけたもので、モラリストとしての真骨頂が浮彫りにされる。本邦初訳書簡多数。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information