水理学演習

Front Cover
東京電機大学出版局, 1999 - 324 pages
水理学は土木・建設工学の基礎科目であるとともに、論理的な思考力を身につける上でも大切な科目である。しかし、数学的な取り扱いの多様さゆえに学生諸君の苦手科目の筆頭に挙げられてきた。したがって、水理学を理解するためには講義のみでは不十分であり、多くの演習問題を解いてみることが重要である。平易な文章を使用するとともに、各問題の解答を省略せずに詳細に示した。また、「Point」のコーナーを多数設けて問題の本質が理解できるよう配慮した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information