武士道セブンティーン

Front Cover
文藝春秋, 2011 - Japanese fiction - 415 pages
「強さは力」の香織と「お気楽不動心」の早苗。対照的な相手から多くを吸収したふたりだったが、早苗は、家の事情で福岡の剣道強豪校に転入。そこでの指導方法の違いに戸惑う。一方、香織は後輩の育成に精を出す。互いを思いつつも、すれ違うふたりは、目指す剣道に辿り着けるか。大人気剣道青春小説、二本目。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information