人を育む人間関係論: 援助専門職者として,個人として

Front Cover
医学書院, 2003 - 180 pages
本書は、人を育むことを目標にして書いた人間関係論である。内容は3部に分かれており、まず第1部では自と他の関係性やコミュニケーション、人間関係の生涯発達や国際比較等、人間関係を築くための土壌に必要な基礎知識を解説している。次いで第2部では家族・夫婦・親子、教師・学生、職場の人間関係等、社会生活の中の代表的な人間関係をテーマにしてその歴史性や文化性の考察から病理的な状況や人間関係をよりよくするスキル等についても述べている。最後に第3部では援助専門職者と病者、高齢者、障害者との人間関係をとりあげ、解説している。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information