失語症の訓練教材: 139の教材と活用法

Front Cover
鈴木勉, 綿森淑子
三輪書店, 1999 - 231 pages
失語症訓練に携わる言語聴覚士にとって、時間と資源の制約の中で、個別性の高い訓練を効率的に計画することは、困難なことである。本書は、対象者の状態や、訓練目的に合った教材を効率的に選択できるように、わが国で現在使われている教材を整理・分類し、活用法や応用を含め、幅広く情報を提供したものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information