CRCテキストブック: 日本臨床薬理学会認定CRCのための研修ガイドライン準拠

Front Cover
日本臨床薬理学会, 安原一
医学書院, 2007 - 364 pages
CRCの養成は、これまで種々の団体が個別に実施してきたが、2001年春以降これらの各団体が一堂に会して、「CRC連絡協議会」を結成して一緒に活動することになった。2001年秋には第1回「CRCと臨床試験のあり方を考える会議」が別府で開かれ、以後毎年継続して開催される予定である。日本臨床薬理学会もCRCの認定の支援をすることが決まり、2000年末に「CRCの養成・認定に関する委員会」(委員長:中野重行)を発足させ、「CRCのための研修ガイドライン(項目)」を公表した。本書はこの研修ガイドラインに準拠して執筆されたテキストブックである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information