自然な建築

Front Cover
岩波書店, 2008 - Architectural design - 213 pages
二〇世紀の世界を覆い尽くしたコンクリート。それは場所と素材との関係性を断ち切り、自然を画一化する建築であった。自然さとは、素材や景観だけの問題ではない。タウトやライトの作品にラジカルな方法論を読み解き、水、石、木、竹、土、和紙などの素材を、それぞれの場所に活かす試みのかずかずを語る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information