公害から福島を考える: 地域の再生をめざして

Front Cover
東京電力福島第一原子力発電所の事故から五年、その復興は依然として進んでいない。なぜか。政府の復興政策には、事故によって奪われた「地域の価値」や「ふるさとの喪失」をはじめ、被害を総体的に捉える視点が抜け落ちている―。公害・環境研究の専門家である著者が、原子力災害特有の問題を踏まえつつ、人間の生命や健康のみならず地域の生活環境やコミュニティの喪失をも伴う公害問題との共通性を明らかにし、福島復興の方向性を展望する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information