地球統計学とクリギング法 RとgeoRによるデータ解析

Front Cover
株式会社 オーム社, 2010 - Mathematics - 213 pages
地球統計学では、空間座標を伴うデータを確率場の実現値とみなし、データの解析・予測を行う。地球統計学の中心となる手法がクリギング法であり、鉱山学から誕生した空間的予測法のことである。クリギング法は、地理学、経済学、石油・資源探査、土木工学、土壌生理学等の様々な応用分野に使える手法で、本書はクリギング法の理論を中心に解説し、シミュレーションについてはRを使って分析している。
 

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

第1章 地球統計学とクリギング法
1
第2章 確率場と定常性
5
第3章 共分散関数とバリオグラム関数
11
第4章 共分散関数とバリオグラム関数の例
17
第5章 単純通常クリギング法
33
第6章 ブロッククリギング法
41
第7章 普遍型クリギング法
51
第8章 多変量確率場とクロス共分散クロスバリオグラム関数
59
第11章 モデルの当てはめ
83
第12章 確率場のシミュレーションと条件付きシミュレーション
101
第13章 クリギング法による解析の実例
117
第14章 パッケージgeoRを用いた地球統計学的解析の実際
143
付録A 数学的基礎のまとめ
183
付録B Rの地球統計学用パッケージgstatとgeoRの主要関数
197
関連図書
205
索引
211

第9章 多変量クリギング法
65
第10章 交差検証法によるモデル当てはめの良さの検証
77

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information