アクティブラーニングでなぜ学生が成長するのか: 経済系・工学系の全国大学調査からみえてきたこと

Front Cover
河合塾
東信堂, 2011 - 320 pages
「学習者中心の教育」の核心をなすアクティブラーニングが、大学4年間の教育の中にどのように組み込まれているのか。全国の経済・経営・商学系の149学部と工学部機械系および電気・電子系112学科を対象に詳細な調査を実施。その調査報告および先進大学の事例と問題提起を含むシンポジウムの全記録を掲載するとともに、法学部および理学部も含めた大学別のアクティブラーニングに関するアンケート結果も収録。今後の大学教育の在り方を提言する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information