聖なるもの

Front Cover
岩波書店, Feb 16, 2010 - 325 pages
合理的に発達した宗教の核心には、非合理的なもの―感情や予覚による圧倒的な「聖なるもの」の経験が存在する。オットー(1869‐1937)はその本質を「ヌミノーゼ」と名づけ、現象学的・宗教哲学的考察を展開する。キリスト教神学のみならず哲学・比較宗教学にも多大な影響を与えた、20世紀を代表する宗教学の基礎的名著。新訳。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information