乱流の数値シミュレーション

Front Cover
養賢堂, Aug 30, 1999 - 255 pages
本書は、乱流の数値シミュレーションに用いられる数値解法とモデルを実用本位に解説したもので、非定常の乱流現象を精度よく解析することを一貫したテーマとする。内容は、前半の非圧縮流れの数値計算法と後半の乱流の数値シミュレーションに大別され、非圧縮流れの計算においては差分法を採用し、乱流の数値シミュレーションでは、レイノルズ平均流れとラージエディシミュレーション(LES)のモデルおよび数値解法について述べた。今後の乱流計算の主流になると予想されるLESを重視している。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information