時代閉塞の現状食うべき詩他十篇

Front Cover
岩波書店, 1978 - 206 pages
自己の詩作を語りながら日本の現実を深く見つめた「食うべき詩」、その現実に立脚しつつ強大な「敵」に対して身構えた「時代閉塞の現状」。さらには幸徳秋水が獄中で書いた「陳弁書」とクロポトキンの『一革命家の思い出』の読解から生れた“A letter from prison”。啄本(1886‐1912)の先駆的な思想の歩みを明らかにする論集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information