日本の文化政策: 「文化政策学」の構築に向けて

Front Cover
勁草書房, 2001 - Art and state - 228 pages
「文化政策学」確立の方向性を探る。「文化政策」は、今日、「文化」を中核理念とする各種政策の重要な一領域を構成する。本書は、学問体系としての「文化政策学」の確立を目指すとともに、今後の充実した「文化政策」への指針として実際的な提言を行う。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information