有機化学のための高分解能NMRテクニック

Front Cover
講談社, 2004 - 386 pages
測定を依頼するだけの人から、自分で操作する人、管理する立場の人、難解な省略語(アクロニム)に辟易している人、無数のパルス系列にうんざりしている人に経験豊富な著者がNMRを明快に実際的・実用的に解説。NMRの現象や手法が絵でわかる。カラーを用いたきれいなスペクトルや図を多用。数式は極力避けた。一次元(1D)NMRは軽く、二次元(2D)NMRを中心に説明。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information