ウイルスと人類

Front Cover
勉誠出版, Aug 5, 2002 - 364 pages
このエッセイ集に示される一篇々々の文章は、ウイルス学の蘊蓄はもちろんのこと、その時どきの感懐を胸奥に秘めつつ、暖かく深い人間観に満ちみちた科学者の真骨頂、真髄を如実に物語る。ウイルス病と闘い、ウイルス学五十余年の碩学の真率で心豊かな表現がここにある。ウイルス学から時代の危機を、未来への展望を現代に問う碩学のエッセイ第1集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information