哲学の初源へ: ギリシア思想論集

Front Cover
世界思想社, 2002 - 284 pages
タレスの時代、ソクラテス‐プラトンの時代を中心にギリシア的な知の諸相に新たな光を当て、哲学を育んだ精神的風土や周辺的状況を浮かび上がらせることにより、「愛知の精神」としての哲学の本質に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information