アルツハイマー病は「脳の糖尿病」: 2つの「国民病」を結ぶ驚きのメカニズム

Front Cover
講談社, 2017 - 222 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
アルツハイマー病は1906年の発見以来、いまだ治療法が存在せず、日本人にとっても「国民病」というべき深刻な脅威となっている。これまでの薬は、なぜ効かなかったのか?もう一つの「国民病」である糖尿病との関係から見えてきた元凶は「インスリン抵抗性」だった!注目の新鋭が示唆する、根本的治療薬の可能性。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information