ソフトウェア開発はなぜ難しいのか―「人月の神話」を超えて

Front Cover
技術評論社, Nov 25, 2009 - Computers - 189 pages
ソフトウェア開発の難しさは今も昔も変わりません。多くの開発プロセスや言語,マネジメント手法が生まれましたが,デスマーチは終わることも減ることもありません。実はその原因をブルックスは「人月の神話」で本質的困難として指摘しているのですが,その本質的困難を現在のソフトウェア開発はどれだけ克服できたのでしょうか。本書では名著「人月の神話」を振り返りながらソフトウェア開発の本質的困難を再検討し,今後のソフトウェア開発が目指すべき方向を提案します。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information