六道先生の原稿は順調に遅れています, Volume 2

Front Cover
KADOKAWA, 2018 - 254 pages
0 Reviews
文芸編集者の滝川詠見が担当するのは、怪奇を喰って物語を綴る、妖怪で作家の六道〓(そう)馬。なかなか原稿の上がらない六道から、詠見が努力の末にもぎ取った久々の新作が、なんと文学賞を受賞した。ところが六道は妖怪故に受賞式には出られない。詠見が代理で壇上に立つものの、同じ受賞者で気鋭の作家・踊場漂吉に怪しまれる始末...。とはいえ先生を売り出すチャンス!と新作を求めて日参する詠見だったが、またもや怪奇事件に遭遇して...?編集女子と妖怪作家の、怪奇お仕事物語、第二弾。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information