クリスタルの心: ルネサンスにおける愛の談論、詩、そして肖像画

Front Cover
ありな書房, 2017 - 622 pages
詩/ベンボによって詠われ、絵/レオナルドによって表わされたルネサンスの愛とは、霊魂の中に描かれた「印形」であった。言葉と詩が喚起し、魂が創出する、めくるめくイメージを、鏡の魔力に委ねられた二重肖像画に、連想と追憶の魅惑的な遊戯的作用を通して、愛というクリスタルな遊戯的表象を召還する!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information