セガレン著作集: 第5卷, Volume 5

Front Cover
水声社, 2001 - 326 pages
清朝末期の北京。中国語を巧みに操る謎の青年ルネ・レイスの言動を頼りに、フランス人の“ぼく”は中国の内部=紫禁城に迫ろうとするが―。“エグゾティスム”の先駆的探求者セガレンの、“他者”への清新な好奇心みなぎる日記形式の疑似探偵小説。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information