失業と救済の近代史

Front Cover
吉川弘文館, 2011 - Full employment policies - 225 pages
働く人の大多数にとって「明日は我が身」の失業。戦前期までの失業者たちの生活を、政府による失業救済事業とともに探る。軍人の独断専行など、政治的・社会的影響にも触れつつ、今日の失業問題を解決する糸口を探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information