江戸の紀行文: 泰平の世の旅人たち

Front Cover
中央公論新社, Jan 25, 2011 - Authors, Japanese - 307 pages
徳川の世は泰平。人びとはどこへでも旅ができる喜びを実感する。旅といえば辛く悲しいという中世以来の意識は劇的に変化し、「楽しい」「面白い」が紀行文の一つの型となり、さらに「いかに実用的か」が求められるようになる。辺境への関心も芽生え、情報量も豊富になっていく。好奇心いっぱいの殿様の旅、国学者のお花見、巡検使同行の蝦夷見聞などを通して、本書は江戸の紀行文の全体像を浮かび上がらせるものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information