自治体主権のシナリオ: ガバナンス・NPM・市民社会

Front Cover
芦書房, Mar 10, 2003 - 300 pages
成長する自治体は分権と自治を活かす。これから大切なのは行政の透明性・説明責任・参加・公平性である。NGOの活躍する「市民社会」、行政改革の推進役「NPM」、行政内容をレベルアップした「ガバナンス」などから分権と自治の課題を考え、自治体がグローバル化時代を生きぬく処方箋を示す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information