教養としての生命科学: いのち・ヒト・社会を考える

Front Cover
丸善出版, 2017 - 162 pages
人工生殖、卵子冷凍保存、臓器移植、脳死、再生医療、万能細胞、遺伝子操作、認知症...。ヒトの生命とは何かを科学的に解きながら、近年のニュースで見かける話題を興味深いエピソード(脇注)とともにわかりやすく解説。図版を多用し、ときには他の動物と比較しながら具体的に説明した、文系理系問わず知識ゼロからでも理解できる大学教養テキスト。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information