感情と法: 現代アメリカ社会の政治的リベラリズム

Front Cover
慶應義塾大学出版会, 2010 - Law - 520 pages
法とは何か。法と道徳とは、どのように関係するのか。現代アメリカを代表する哲学者マーサ・ヌスバウムが、法の感情的な起源を探り、真にリベラルな社会とは何か、そのような社会を支える法とは何かを根源的に問う。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information