白い牙

Front Cover
光文社, 2009 - 504 pages
犬の血を4分の1引いて、北米の原野に生まれた狼「ホワイト・ファング(白い牙)」。親や兄弟が次々と死んでいく“自然”のなかで、強く、狡く生きていく。だが、あるとき人間に飼われることになり、人間の残虐さや愛情に触れることで、心のなかにさまざまな葛藤が生まれるのだった。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information