言語戦争と言語政策

Front Cover
三元社, 2010 - 305 pages
欧米型「多言語主義」があたかもアプリオリに肯定的な価値として称揚される現在、言語について語ることの政治性と世界の多言語性が孕む緊張を鋭く描き出し、そうした自明性そのものに、あらたな問い直しをせまる社会言語学の「古典」。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information