悪魔の涎・追い求める男他八篇: コルタサル短篇集

Front Cover
岩波書店, 1992 - 301 pages
夕暮れの公園で何気なく撮った一枚の写真から、現実と非現実の交錯する不可思議な世界が生まれる「悪魔の涎」。薬物への耽溺とジャズの即興演奏のうちに彼岸を垣間見るサックス奏者を描いた「追い求める男」。斬新な実験性と幻想的な作風で、ラテンアメリカ文学界に独自の位置を占めるコルタサルの代表作10篇を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information