医療の倫理

Front Cover
岩波書店, 1991 - Medical ethics - 240 pages
インフォームド・コンセント、脳死と臓器移植、生体肝移植、終末医療と尊厳死、体外受精...。これら医療の新しい問題をどう考えたらいいのか。バイオエシックスが生まれ育った北米で二十年を過ごし、日本の医療倫理の確立のために活躍してきた著者が、患者中心の医療の倫理とは何か、わが国になじむ倫理とは何かを、情熱をこめて語る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information