盤上の向日葵下

Front Cover
中央公論新社, 2020 - 322 pages
昭和五十五年、春。棋士への夢を断った上条桂介だったが、駒打つ音に誘われて将棋道場に足を踏み入れる。そこで出会ったのは、自身の運命を大きく狂わせる伝説の真剣師・東明重慶だった―。死体遺棄事件の捜査線上に浮かび上がる、桂介と東明の壮絶すぎる歩み。誰が、誰を、なぜ殺したのか。物語は衝撃の結末を迎える!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information