江戸時代の朝鮮通信使と日本文学

Front Cover
臨川書店, Oct 30, 2006 - Japan - 279 pages
森鴎外から江戸の歌舞伎・浄瑠璃まで、朝鮮通信使との交流及び「唐人殺し」を取り入れた日本の文学作品群の特色と変遷、背景をたどる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information