漱石と落語

Front Cover
平凡社, 2000 - Rakugo - 296 pages
「小さんは天才である。実は彼と時を同じうして生きている我々は大変な仕合せである」そう書いた江戸っ子・漱石。その文学の国民性は庶民芸能である落語の精神に深く繋がっていた。『猫』や『坊っちゃん』の軽妙な文体はもちろん、晩年の作品になお見え隠れするユーモアや諧謔など、生涯消えることのなかった漱石と落語の関係を探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information