ドイツの労働者住宅

Front Cover
山川出版社, 2006 - 90 pages
十九世紀の工業化の時代、農村から職を求めてたくさんの人たちが都市や工業地帯に移り住むようになった。そこで発生した社会問題をどのように解決するのか、そして民衆の暮らしはどのように営まれたのか。ドイツの労働者住宅を手がかりに、その歴史的変遷をたどり、住宅とそこに住む人びとの視点から十九~二十世紀ドイツ社会史の一側面を照らし出す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information