ジェンダーと法, Volume 1

Front Cover
信山社出版, Nov 30, 2004 - Family violence - 306 pages
女性に対する暴力をどのように克服するかが社会全体としての喫緊の課題となっているが、本叢書の1では、ドメスティック・バイオレンス、セクシャルハラスメント、ストーカーの被害の廃絶をめざした法制度の検討を行っている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information