演劇都市はパンドラの匣を開けるか

Front Cover
ありな書房, Oct 1, 2002 - 300 pages
祝祭パジェントにパペット・ショウ、殺人パンフレットに新奇な珈琲館、そして欲望渦巻く温泉リゾート。初期近代のロンドンを舞台に、パンドラ的文化表象の数々が暴れ、操り、交換し、謀り、噴出させる、禁断のアーバン・ファンタジー。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information