真理とディスクール: パレーシア講義

Front Cover
筑摩書房, 2002 - 274 pages
ギリシア哲学において真理を語る者の役割は、どのような“問題”を構成していったのだろうか。真理に関して、カントの考古学、ニーチェの系譜学、ウィトゲンシュタインの「ゲーム」の理論をうけつぎながら、真理を語る=パレーシアという語が使われる状況を歴史的に分析・考察し、真理を語る主体と他者との関係から構成される問題に焦点を当てたフーコー最晩年の重要概念。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information