Front Cover
ポプラ社, 2010 - Fishing stories - 167 pages
太陽堂釣具店主人の鑑定によると、私の白毛はテグス糸の四毛ぐらいの太さである―そんな私が渓流釣りの青年たちに味わわされた腹立ちやまぬ珍事件(井伏鱒二『白毛』)。見事な釣竿に目がくらみ拝んで手にしたはよいのだが...江戸の怖い話(幸田露伴『幻談』)。互いに家族を抱え生活に追われながら、将棋を指し、釣りに興じと交友を温めてきた日々。男たちのさりげない友情が胸にしみる上林暁『二閑人交游図』。含羞とユーモア、水面にうつる滋味豊かな人間模様。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information