遠の眠りの

Front Cover
集英社, 2019 - 274 pages
生き延びましょう。私たちらしく生きられる世が訪れるまで。昭和初期、女工の絵子は、福井に開業した百貨店の「少女歌劇団」の脚本係をすることに。出会ったのは“看板女優”の“少年”だった―。一途な少女の淡い恋と、自我の目覚めを描く長編小説。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information