「壁と卵」の現代中国論: リスク社会化する超大国とどう向き合うか

Front Cover
人文書院, 2011 - China - 264 pages
「中国」はひとつにまとまった、堅く大きなシステムではない。私たちは、それをどこまで分かっているだろうか。本書では、経済を中心に社会、歴史を横断し、多元的に変動する現代中国をリアルに、そして鮮やかに分析。気鋭の経済学者が、専門知のみならず幅広い知見と清新な視点を活かして論じる、左右のイデオロギー対立を超える、創見に満ちた現代中国(経済)論の誕生。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information