不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか

Front Cover
講談社, Nov 14, 2017 - Social Science
太平洋戦争末期に実施された“特別攻撃隊”により、多くの若者が亡くなっていった。だが、「必ず死んでこい」という上官の命令に背き、9回の出撃から生還した特攻兵がいた。その特攻兵、佐々木友次氏に鴻上尚史氏がインタビュー。飛行機がただ好きだった男が、なぜ、絶対命令から免れ、命の尊厳を守りぬけたのか。命を消費する日本型組織から抜け出すには。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information